2020/08/21 00:00
『マーベル アイアンマンVR』の開発者に直撃インタビュー! 制作の裏側に迫る!

Vジャンプ10月特大号の「PS News」コーナーにて、好評発売中の『マーベル アイアンマンVR』の開発者であるRyan Paytonさん(ライアン・ペイトン、カモフラージュ ディレクター) にインタビューを実施! その続きをVジャンプWEBで特別に公開するぞ!


★リアルな「飛行」を表現する上で、大変だったことは?

初めてPlayStation VRのヘッドセットを装着し、『マーベルアイアンマン VR』を起動すると、すぐにトニー・スタークになりきってアイアンマンのように空を飛びたい思うはずです。幸いにも最初のプロトタイプを開発した時点で、本当に楽しい、リアルな飛行体験は実現できていたのですが、プレイヤーがアイアンマンのように優雅に空を飛ぶ方法を習得するには時間がかかることもわかっていました。(アイアンマンの最初の映画で、トニーが初めて飛ぼうとしたときのように)

開発中に直面した最大の課題の一つは、プレイヤーにアイアンマンのように空を飛ぶスリルを提供しつつ、ゲームの基本をシームレスに学べるように、ゲームの最初のミッションを作ることでした。(誰だってチュートリアルをプレイしているような気分にはなりたくないですよね)

『マーベルアイアンマン VR』の最初の1時間が完成してから、ソニー・インタラクティブエンタテインメントと協力して、PlayStation Storeで配信する無料体験版として準備しました。体験版が公開されてからは、本作の飛行や戦闘がいかに気持ちいいものに仕上がっているかを人々に説明してまわる必要はなくなりました—体験版を自分でプレイしていただければ分かっていただけるからです。ユーザーの皆さんからは、体験版について信じられないほどポジティブな反響をいただいており、ほっとしています。

★プレイするときに見つけてほしい、気が付きにくいけどこだわったポイントは?

『マーベルアイアンマン VR』では、インパルス・アーマーと呼ばれるユニークなオリジナルのアーマーが、信じられないほどのディテールでVRで完全に実現されています。しかし、そこに至るまでの道のりは簡単なものではありませんでした。

開発の最初の1年は、マーベルや著名なアーティスト/デザイナーであるアディ・グラノフ氏と密接に協力して、インパルス・アーマーを2Dでデザインしました。そこからさらに1年をかけて、バーチャルリアリティのために3Dでアーマーを作りましたが、これは技術的な観点からは信じられないほど困難な道のりでした。

マーベルの『アイアンマンVR』をプレイする際には、アイアンマンである自分の腕とガントレットをぜひ見下ろしてみてください—Camouflajのアーティストである、クリス・フォスターが丹精を込めて造り上げたディテールがわかると思います。その後、私たちのエンジニアは、VRでアイアンマンの腕を見たときにアイアンマンの腕が完全に存在するように、何ヶ月もかけて開発を進めました。手首をひねったり回転させたりしても、スーツはその動きにリアルに反応します。

初めてVRでインパルス・アーマーを装着したプレイヤーが自分の姿を見下ろし、満面の笑みを浮かべるのを見るのが大好きです。多くのプレイヤーが「私がアイアンマンだ!」と言ってくれます。


WEB特別編として、英語原文を全掲載! 英語原文ならではのニュアンスを感じ取ってみよう!

★開発中に自分でも「すごい!」と思った、シーンやシステムは?

Without question, the flying and combat mechanics in Marvel’s Iron Man VR are what I’m most proud of. It feels amazing to fly around at high speeds as Iron Man in virtual reality and to execute shooting and punching combos with enemy combatants in mid-air.

While those mechanics take some time to get used to, soon players start to become one with the game, similar to how Tony Stark becomes one with his iconic armor.

Game development is so difficult, but one way to make it easier is if the team can develop great core game mechanics early on. Thankfully with this project, the design team at Camouflaj found the magic of Iron Man flight and combat within the first few weeks of development, which laid an incredible foundation for the rest of the team to build on during the subsequent development.

★心からアイアンマンになりきるために、プレイする上で準備すること(心がまえなど)や大切なことは?

One of my greatest hopes for the game is that players take their time with it. Relative to other VR games, Marvel’s Iron Man VR has a healthy-sized campaign jampacked with action set pieces in big, wide-open environments, which are juxtaposed with intimate moments as Tony Stark in classic Marvel locations such as his mansion and a SHIELD Helicarrier.

This may sound strange, but because there is so much in Marvel’s Iron Man VR that players have never experienced before, I think it takes time for players’ brains to process it all. This is actually one reason why we intersperse emotional (and funny!) Tony Stark story moments between the game’s bombastic missions.

It’s all quite a lot to take in, so all I ask is that players take their time with the game. I also hope they take a moment to stop and all the incredible detail Marvel and Camouflaj infused into the game to make it feel like a highly authentic, original Iron Man story.


★リアルな「飛行」を表現する上で、大変だったことは?

When players first put on the PlayStation VR headset and boot up Marvel’s Iron Man VR, they instantly want to be Tony Stark and fly like Iron Man. Although we were lucky in that our initial prototypes yielded a really fun and realistic feeling flight experience, but we knew that it takes time for players to learn how to gracefully fly like Iron Man. (Similar to what Tony experiences when during his initial flight attempt in the first Iron Man film.)

One of the greatest challenges we faced in development was crafting the game’s initial mission in a way that gave the player the thrill of flying as Iron Man but did so in a way that seamlessly taught them the game’s fundamentals. (Because nobody wants to feel like they’re playing a tutorial!)

Once we finalize the first hour of Marvel’s Iron Man VR, we worked with Sony Interactive Entertainment to offer it as a free demo on PlayStation Store. Now that the demo is released, I don’t have to ask people to believe me that our flight and combat mechanics feel great—everyone can try it for themselves. And thus far, the public’s reaction has been incredibly positive. (What a relief!)


★プレイするときに見つけてほしい、気が付きにくいけどこだわったポイントは?

Marvel’s Iron Man VR features a unique and original Iron Man armor called the Impulse Armor which is fully realized in VR with incredible detail. But the path to getting there was anything but easy.

During the first year of development, we worked closely with Marvel and acclaimed artist/designer, Adi Granov to design the Impulse Armor in 2D. From there, we spent another year building the armor in 3D for virtual reality, which was incredibly difficult from a technical perspective.

When you play Marvel’s Iron Man VR, please take a minute to look down at your Iron Man arms and gauntlets—you’ll notice the high level of detail Camouflaj artist Chris Foster put into it. Our engineers then spent many months ensuring Iron Man’s full arms are present when you look at them in VR. Even when you twist and rotate your wrists, the suit reacts realistically to those motions.

I love watching first time players looking down at themselves wearing the Impulse Armor in VR and then seeing a big smile appear on their faces. Many of them follow up by saying, “I am Iron Man!”

マーベル アイアンマンVR
●発売日/好評発売中
●メーカー/ソニー・インタラクティブエンタテインメント
●ジャンル/アクション、アドベンチャー
●機種/PS4 PS VR必須
●価格/パッケージ版:4900円+税、DL版:5390円(税込)
公式サイトはこちら!
https://www.playstation.com/ja-jp/games/marvels-iron-man-vr-ps4/

※PlayStation VR専用
※PlayStation Move モーションコントローラー必須(2本必要)

© 2020 MARVEL ©2020 Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Camouflaj.