2017/10/18 20:30
『ポッ拳 DX』動画2本+開発陣インタビュー掲載!
『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』の動画をVジャンプチャンネルで2本公開!
『ポッ拳 DX』から参戦したアイカワが、星野テクニカルディレクター(以下、星野TD)と須崎プロデューサー(以下、須崎P)に立ち回りのコツについて指南を受けてきた動画と、星野TDと須崎Pに手加減ナシのガチ対戦をしてもらった動画です!



さらに撮影後、星野TDと須崎Pにインタビューを決行しましたので、以下からどうぞ!

──参戦ポケモンはどのように決めているのでしょうか?
須崎P
選定に関してはいつも悩みますが、プロジェクト全体としては「戦い方が広がるポケモンを出す」という部分を重視しています。「こんなポケモンを出したらバトルが面白くなるかな」というのをまずポケモンさんに提案して、あとは海外の意見も参考にします。
例えば日本だとかわいいポケモンが人気だけど、海外だとゴツいポケモンが人気とか、そういうのを総合して検討していくんです。
いっぱいポケモンは出せないので、1匹決めるだけでもすごい大変ですね。そのぶん1匹1匹すごいこだわって開発を行っています。

──初心者でも楽しめる対戦アクションとなっておりますが、開発にあたり特にこだわった点・気をつけた点などはありますか?
星野TD
私がバンダイナムコイチのポケモンファンということもあり、原作のポケモンたちの良さを引き出すことは大事にしています。あと格闘ゲームというよりは、ポケモンのゲームとして世界中のポケモンファンが楽しんでプレイしてもらえることですね。そのため難しいコマンドはなく、ボタンを連打するだけでもかっこいいアクションができるゲームを目指しました。

──『ポッ拳DX』になっての推しポイントはどこですか?
須崎P
Nintendo Switchを持ち歩けるのがすごいメリットですね。本体が1台あればJoy-Conを分けてプレイできる。その場で誰でもすぐに遊べるのが、一番のポイントかと思います。

──今だから言える開発秘話がありましたら教えてください。
星野TD
『ポッ拳DX』で追加した「サリアビーチ」というステージの砂浜に、ピカチュウの落書きがしてあるんです。社内のデザイナーからの提案が発端で、試しに私が落書きしてみたのですが、社内からものすごくダメ出しがあって…(笑)。ただの下手なピカチュウの絵だったんですよ。それで結局、3歳くらいの子どもに描いてもらったものを採用したという経緯があります。


あとステージの背景にいろんなポケモンが隠れていますので、そういう部分も探してもらえるといいですね。まだみんなに見つかってないのもいるよね?

須崎P
そうですね。まだユーザーさんの間で話題になってないポケモンも隠れていますよ。ぜひ探してみてください。

なるほど~。バトルだけではなくステージの隅々をチェックしてみるのも楽しそうですね。
動画の方もぜひご覧ください! 貴重な開発陣対決は必見ですよ!

<『ポッ拳 DX』公式サイト>

©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
©2017 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémon・ポッ拳・POKKÉN TOURNAMENTは、任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。