2017/06/16 00:00
『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』プレス体験会レポート<2>!【ネタバレあり】

前回の続き! 今回は「科学実験爆発事件」の冒頭60分をプレイレポート!

※本記事はストーリーのネタバレが一部掲載されています。推理の回答やヒント、事件の核心となる内容はございませんが、ご注意ください。

■科学実験爆発事件



倫敦で開催される万国博覧会の中、奇抜な科学実験が行われているところからスタート。ケージに入った人間を一旦電気分解し、それを別の場所へと転送させ、再び人間へと再構築しようというのだ。そんな無茶な。そして実験装置の起動する科学者であったが、その直後に大爆発! 実験台となった紳士は哀れ遺体となって発見されたのだった…。
なお、冒頭のこのシーンはキャラクターモデルが動きながらフルボイスで展開されるのだ! 新たなイベントシーンの表現に、没入感も高められるだろう。



場面はホームズの部屋へ。アイリスは万国博覧会に興味津々で、ホームズを誘って会場に行こうとするが、ホームズはどうやら別の事件の調査があるため出ていってしまう。何やら様子がおかしいホームズだったぞ…?


一方龍ノ介はヴォルテックス首席判事の元へ出向く(アイリスもついでに同行)。約束の時間よりだいぶ遅れてきたヴォルテックスだったのだが、来月に行われる「国際科学捜査大討論会」に向けてかなり忙しいためらしい。この大討論会(シンポジウム)は、40カ国の捜査官が一同に集まって科学式捜査について話し合うようで、「倫敦警視庁に科学式捜査の専門部署を設立する」と意気込むヴォルテックス。この時代は現代と違って科学的な捜査がまだない頃。まさに黎明期と言えそうだ。前のエピソードでは飲み干した紅茶のカップから毒が技術的に検出できない、という展開もあったしね。


おもしろいくらいヘコヘコしながらヴォルテックスの話を聞く龍ノ介だったが、ヴォルテックスから万国博覧会で起きた爆発事件の担当弁護士を依頼される。




依頼人であるベンジャミン・ドビンボー博士の元へ話を聞きに行く龍ノ介とアイリス。ドビンボー博士はドイツから来た万国博覧会のために来た科学者である。どうやら死亡した紳士はドビンボー博士の実験に賛同し、資金援助していた投資家だったようだ。
てっきり実験が失敗して爆発を起こしたのかと思いきや、実験は“ある意味成功した”というドビンボー博士。というのも、紳士の死体が移動先であった水晶塔で発見されたからだ! えええ!? そんなバカな…。当然殺人を否定するドビンボー博士だが、殺人となると実験装置が凶器として調べられ、技術の機密が漏れてしまうことを一番に心配している。とにかく科学を愛する人なのだ。


そして調査を兼ねてアイリスと万国博覧会の会場へ。何やら事件現場で騒いでいる2人がいるようだが…。おっ…この右の少女って…!



元スリの少女ジーナではないか! なんと今は倫敦警視庁の見習い刑事となったらしい。しかも“警部”! いつの間に!? と思いきや、実は警部と言うのはただの自称で、自慢げに見せてきたバッジもお手製、つまり偽物である。
どうやらあれからこのままではいけない、と心を入れ替えたようだ。正義と使命感に目覚めたのはよいが、グレグソン刑事も手を焼くじゃじゃ馬のようで…。そういえばジーナちょっと大人っぽくなった? 気のせい?


相変わらずアイリスには弱いグレグソン刑事。アイリスが書く探偵小説「シャーロック・ホームズの冒険」に実名で登場していることもあり、頭が上がらないのである。


ジーナはグレグソン刑事に着いてきて現場の警備をしていたこともあり、事件の状況の説明をしてくれる。前作ではだいぶトゲトゲした印象だったけど、丸くなりましたなあ。


と、こうして事件現場へ。本当に実験自体は成功していたのであろうか…でもここから水晶塔までは距離も高さもあるし…。その問題の実験装置の確認をしようとするものの、“科学技術保護特例”という新しい制度のため、詳しい調査ができないとのこと。つまり殺人事件として立証されない限りは実験装置に触れられないのである! どうしたものかといろいろ調査をしているうちに、試遊時間が終了! ぬお~いいところで!

実はまだここでは明かせないが、この事件とは別にめちゃくちゃ気になることも同時に進行していく。いろいろな謎が動いていくので、とにかく先が気になる展開続き。キャラクター同士のやりとりも楽しく、純粋に前作以上におもしろい!と思える内容であった。江城プロデューサーから「今作はスッキリ終わる」と保証してくれているので、安心して楽しめるだろう。

非常に期待できる作品であることが伺えた今回の体験会。発売日が一気に楽しみになってきた。待ち通しすぎてそわそわしてしまうほどに。
まだ、『大逆転裁判』を一度もプレイしたことがない人には、前作と本作がセットになった『大逆転裁判1&2限定版』がオススメだ!
今後の新情報も要チェックだ!

ミヤザッティ

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-
■プラットホーム:ニンテンドー3DSシリーズ
■発売日:2017年8月3日(木)予定
■価格:パッケージ版 5,800円+税、ダウンロード版 5,546円+税
■数量限定特典:遊べる! 大逆転物語 2本セット
■早期購入特典:特製コスチューム 3種パック
大逆転裁判1&2 限定版 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟-も同時発売。7,800円+税。

<公式サイト>
http://www.capcom.co.jp/dai-gyakuten2/

©CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.