2018/06/13 08:00
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』発表された新要素まとめ&現地レポート!

Nintendo Switch『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が12月7日に発売決定!


なんと今作はこれまでのシリーズに登場した全ファイターが参戦!
さらに新ファイターとして『Splatoon』からインクリング、『メトロイド』からリドリーと、“ダッシュファイター”(他のファイターをベースにした性能のファイター)としてデイジーが参戦する!

他にもゲームシステムや各ファイターの性能調整など、より楽しく遊べるよう追加・変更がされている。今作も8人対戦は健在。シリーズ集大成とも言える内容だろう。





『スマブラ for 3DS/WiiU』の追加コンテンツで配信されたファイターも登場。はじめから使えるキャラクターは64版と同じくらいだが、ゲームを遊んでいけばどんどん増えていくとのこと。

■新ファイター:インクリング


ご存知『Splatoon』のイカ。『どうぶつの森』のむらびとのように、ガールだけでなくボーイも選択可能で、カラーを変更するとギアとインクの色も変わるのがうれしい(ガール4種、ボーイ4種)。
最大の特徴はもちろんインクによる攻撃。相手にインクを当ててペイントしていくほど、与えるダメージが大きくなる仕組み。『Splatoon』同様、インクを使うと残量が減っていくので、シールド中にBボタンでインクに潜って補充していく必要がある。
さまざまなブキも使うことが可能で、スマッシュ攻撃でパブロ、ホットブラスター、バケットスロッシャー、必殺技でスプラシューター、スプラッシュボム、スプラローラー、スーパージャンプ、最後の切りふだでメガホンレーザーを使っている姿が確認できた。


ちなみにインクの音もそのままなので、8人全員でインクリングを使うとまるで『Splatoon』をやっているかのような気分になれる…かも!

■新ファイター:リドリー


リドリーは『メトロイド』シリーズに登場する、サムスの宿敵。見た目からして強そう。海外ユーザーからの要望が多かったため、参戦を決定したという。
他のファイターと比べ体躯がかなり大きく、残虐性のある攻撃を多用する。『スマブラX』のアドベンチャーモードで、サムスを壁にこすりつけていたように、地面にこすりつけて投げ飛ばす攻撃などを行う。相手を投げた後にジャンプできるなど、トリッキーな動きもできるようだ。
必殺技で火の玉を吐くことができ、さらに溜めることで複数発射できる。溜めている最中は原作同様、口が弱点となる要素も。


上の写真が下必殺技。尻尾で突き刺す攻撃なのだが、尻尾の先端にクリーンヒットさせると非常に大きなダメージを与えるのだ(当日配信された実機プレイ解説内では0%から一気に59%まで与えていた!) しかし先端以外だと小さいダメージしか与えられないという一長一短な性能。総じてテクニカルな動きが楽しめそうなファイターだ。


デイジーの仕様はおおむねピーチと同じ。とはいえキャラクター性は大きく異なり、ピーチ姫よりキャピキャピしている印象。うーむ…ロゼッタ派だったがデイジーもなかなかいいじゃないか…。

■その他、注目キャラクター

リンク、ゼルダ、ガノンがそれぞれ別の作品からのデザインに。リンクは『ブレス・オブ・ザ・ワイルド』、ゼルダは『神々のトライフォース』、ガノンは『時のオカリナ』の姿がベース。ゼルダはすごくかわいくなった。おすすめ。リンクはダメージが0%の状態だと剣からビームを出せるように!

『スマブラDX』以来となるピチュー、アイスクライマー、こどもリンク、『スマブラX』以来となるポケモントレーナー、ウルフ、スネーク。ピチューたちは実に17年ぶりの復活…! ポケモントレーナーは女の子も選べるようになった。かわいい。

アイクが「蒼炎」と「暁」の2種類から選べるように(見た目が少し異なる)。しかも声も演じ分けられている。

Wii Fitトレーナーの顔がより人間らしく(?)なった。これは原作スタッフ側の要望とのこと。

Miiの等身が上がった。今作はオンライン対戦でも使用できるように検討中らしい。




復活はないかも…と個人的に勝手に思っていたスネーク参戦はやはりうれしい! ユーザーからも復活してほしいという熱い声が非常に多かったようだ。あの無線のやりとりもまた見られるかな…?

■注目の新要素・変更点
続いて動画内にて判明した点についてまとめてみよう。

★新アクション
・ボタン長押しで連打攻撃が出せるように。
・ダッシュからスマッシュ攻撃でキャンセルが可能に。
・はしごから攻撃が可能に。
・空中回避は少し動けるように。復帰利用やすばやく地面に着地するといった活用ができる。
・地上・空中含め、回避を使いすぎると回避後の隙が大きくなり、無敵時間が減少する。前作では連続で回避を続ける行動が強力であったが、今作では乱発はしにくくなるだろう。
・Aボタン+ジャンプボタンの同時押しで、小ジャンプ攻撃をいつでも出せるように。
・ジャストシールドはシールドボタンを離したときに発動。これまではノーリスクで使えるテクニックだったが、狙いどころを考える必要が出てくる。

★最後の切り札
・ファイターが強化される系はすべて廃止され、攻撃系に変更。
・攻撃時間が全体的に短くなりテンポがよくなった。

★1on1専用要素
・強力な打撃を当てるとスロー演出が入り爽快感がアップ。
・受けるダメージがアップ(動画内だと23%が28%に上昇)。ゲームの展開が早くなった。
・ストック制の場合、撃墜時にスコア(例えば3─1のような)が表示。

★1位の見分け方
・タイム制の場合、もっとも得点が高いファイターたまに光るようになった。誰を狙うべきか判断がしやすい。

★専用ゲージの導入
・クラウドのリミットゲージ、ルフレのサンダーソードや魔導書、むらびとの拾っているアイテムが常に表示されるなど、いくつかのファイターに専用ゲージが導入。

★アシストフィギュア
・50種類以上が登場。なんとボンバーマンも!
・攻撃できるアシストフィギュアに限り、ダメージを与えると撃墜できるようになり、さらに得点も入る。ストック制の場合は撃墜しても何もない。

★ステージ
・懐かしの復活ステージが多数。「始まりの塔」や「タチウオパーキング」など新ステージも。
・全ステージを“戦場化”“終点化”が可能に。広さや地形に違いがないので、単純にビジュアルやBGMの好みで選択できる。

その他、細かい変更点は数千、数万に及ぶらしい!

■E3会場の様子
最後に現地で撮影した『スマブラ』ブースの様子を紹介! 世界中で大人気タイトルなだけあり、かなり賑やかな状況だった。




海外では『SPECIAL』ではなく『ULTIMATE』なんだね。
ファイターの武器や衣装もたくさん展示されていた!











サンドバッグくんまで…! 日本でも公開されないかな…!

なお、7月16日(月・祝)に東京、7月22日(日)に大阪で開催されるジャンプビクトリーカーニバル2018(※)」で『スマブラSP』をいち早く体験可能! 今回の新要素をぜひ実際に触って確かめてほしい!

※完全招待制のイベントで、事前応募が必要です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

『スマブラSP』発売まであと約半年! さらなる新情報に期待しながら待とう! BGMの収録数や対戦以外のモードも気になりますね。

<発売日>2018年 12月7日 発売予定
<価格>7,200円(税別)
<対応プラットフォーム>Nintendo Switch

© 2018 Nintendo
Original Game: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokémon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / Konami Digital Entertainment / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / MONOLITHSOFT / CAPCOM U.S.A., INC. / SQUARE ENIX CO., LTD.