2017/07/27 12:00
舞台「デジモンアドベンチャー tri.」開演記念!花江夏樹さん&松本岳さんスペシャルインタビュー!!
──『デジモンアドベンチャー tri.』が舞台化されると聞いたときの第一印象を教えてください。

花江:
すごくびっくりしました。「舞台、やるんだぁ…」って(笑)。デジモンを舞台上でどう表現するのか気になりました。ぬいぐるみがでてくるかなとか、色々と想像しましたね。

松本:
自分も花江さんと同じで、「舞台化か、ついに…」と思いました(笑)。『デジモンアドベンチャー』を見て育った世代なので、「どうなるんだろう」とすごく興味がありました。太一役に決まったときは、すごく嬉しかったです。物心ついて、初めてカッコいいと感じたキャラクターが太一だったので、引き受けたからには頑張るしかないと、気持ちが引き締まりましたね。今回演じさせていただく上で、改めて『tri.』を見直しました。

花江:
あっ、そうなんですか!? 恥ずかしい(笑)

──『tri.』で、太一の好きなシーンはありますか?

松本:
1番いいなと思ったのが、第2章で集まりに来なかった丈を、「わかったうえで、来られなかったのかも」と、かばうところです。太一って直感的でも、みんなのことをきちんと理解してるんだなと。そこが太一らしくて好きなシーンです。

花江:
僕はどこってわけではないのですが、アグモンとの関係性が良いなと思っています。太一は自分の辛さをアグモンにだけ話していて、アグモンも無意識に感じ取ってそれに答えてくれてます。アグモンのおちゃらけている、抜けている部分で、太一の気が楽になっていて、良いパートナー関係だなって感じられるんです。そういう部分が好きですね。

松本:
アグモンと太一は、しっかりつながっている部分があるんですよね。太一がなかなか言えないことを、意外とアグモンがズバッと言っていたりして。アグモンに邪気がないから、太一もそれをすんなり聞き入れられる。アグモンと太一の会話も、なんて言うんですかね…、1つのストーリーになっていて。やっぱり、アグモンはいいですね(笑)。

花江:
いいよね(笑)。見た目もカワイイし、あと、しゃべり方も、声もいいですよね(笑)。

松本:
本当にそうですよね(笑)。

──お2人とも「デジモンアドベンチャー」シリーズを当時から見ていたとのことで、シリーズ全体で好きなシーンやデジモンはいますでしょうか?

花江:
パタモンがエンジェモンに初めて進化するシーンも好きですが、最終話でのヒカリちゃんとテイルモンがお別れをするシーンですね。ヒカリちゃんだけが「またね」ってお別れするんですよ。そこがジーンときて。1番年下なのにしっかりしてるなぁって(笑)。

松本:
自分もいっぱいあるんですが、ケンタルモンがでてきたところですね。

花江:
最初の方ですね。

松本:
10話です。光子郎がずっと遺跡の解析をしていて、「天才すぎ!」と思っていて(笑)。パソコンに熱中してしまうと周りが見えなくなるけど、そのことが仲間を助けたりしちゃう。そこが好きですね。あとケンタルモンが好きなので。

──演技に関して松本さんから花江さんに聞いてみたいことはございますか?

松本:
子どものときは熱血で、まっすぐな印象の太一ですけど、成長して大人になった太一はいろいろな悩みに葛藤していて。熱いけど、同時に葛藤するのは、どのように意識していたのか気になります。

花江:
第1章をやっていた頃は、そもそも太一を演じることにすごくプレッシャーがあったので、自動的に自分も葛藤してたんですよね(笑)。

松本:
おー、なるほど(笑)。

花江:
他のキャストさんと仲良くなれるのかなとか、もやもやとドキドキがあったので。でも、太一自身にはデジタルワールドを他の子どもたちと過ごした記憶があるので、その芯はぶれないようにしようと思ったら、そこまで大変じゃなくなりました。

松本:
そうなんですね。

花江:
『tri.』から太一を演じさせていただいていますが、それまでもずっと仲間たちと一緒だったという気持ちを常に持ちながらやっていました。

松本:
ありがとうございます! 活かさせていただきます!

──「超進化ステージ」ということで、『tri.』に関わって、自分が進化した、もしくは進化したいと思うところはありますか?

花江:
アフレコのときに、すごく相手を意識するようになったことでしょうか。2年も3年も続けて演じさせていただける作品はなかなかなくて。坂本千夏さんや細谷佳正さんたち共演のみなさんと、本当のパートナーや仲間のような感覚が芽生えてきて、すごくこの現場いいなと。自分の気持ちが変わってきたかな、というのは感じています。

松本:
僕は今回の舞台では、人ではない「デジモン」と接するので、なるべくしっかりと「会話」をしたいと思っています。そこに実際アグモンと太一がいるような会話を、リアルにお客さんに伝えられるように、進化できればと思います。

ありがとうございました!


好評発売中の「Vジャンプ9月特大号」にもお2人の対談を掲載しているぞ!

★松本岳さん

イザワオフィス所属の、舞台やドラマで活躍する俳優。代表作に『手裏剣戦隊ニ
ンニンジャー』アオニンジャー役など。

★花江夏樹さん

アクロスエンタテインメント所属の声優。代表作は『ドラゴンボール超』のジャコ
役や、『東京喰種』金木研役などがある