■週刊少年ドラクエ!! WEB No.048

 

slajan_base01_RGB.jpg

いえ~い!

実は昨日、27日はとある記念日だったジャン!

なんの記念日だったジャンかって?


それは…このブログの記事にあるんジャン!

みんな、よってらっしゃい、読んでらっしゃいジャン!!





◆◆◆◆◆◆◆◆今週のコンテンツ!!◆◆◆◆◆◆◆◆


◆DQトピックス!! 週刊少年ジャンプ52号の週刊少年ドラクエ!! はお休みです。


◆DQ×集英社クロニクル 今週は12年前に発売された緊急増刊を大特集!?

 


◇◆◇◆◇◆◇◆DQトピックス!!◆◇◆◇◆◇◆◇


週刊少年ジャンプ52号、DQ情報コーナー・週刊少年ドラクエ!! はお休み。


次回は12月5日(月)発売週刊少年ジャンプ新年1号に掲載!

『ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー』、最新情報をスクープ!!



☆★☆★☆☆DQ×集英社クロニクル☆★☆★☆

祝・『DQⅧ』発売12周年!

Vジャンプ伝説の名作ムック紹介!!


よう、よく来たな! オレはDQなつかしネタが大好きな、あらくれライターのイシちゃんだ。

みんな知ってたか? 初代PS2版が2004年発売の 『DQⅧ』は、今年の11月27日で誕生12周年を迎えるのだ。


12周年って微妙に半端なわけだが、でもイシちゃんはな、『Ⅷ』には特別な思い入れがあるんだ。

長年『DQ』シリーズの記事を書かせてもらってるんだが、イシちゃんが初めて1冊の本を丸ごとディレクションしたのが『Ⅷ』の本だったからだぜ。

『DQ』シリーズって、こういう風に自分の人生と重ね合わせて思い出がよみがえってくるっていうのも1つの魅力だと思わねぇか?


で、当時イシちゃんがディレクションしたのはどんな本かというと…ジャジャン!


bl161128_01.jpg


Vジャンプ緊急増刊

『ドラゴンクエストⅧ』大冒険スーパーガイドブック

(2004年11月15日発売)


だ!


今回はこの名作中の名作として(イシちゃんの中で)名高い1冊を、若いDQファンのみんなに紹介してやろう。


この本の内容をザックリいえば、近づく『DQⅧ』発売に向け、みんなでワクワクしちゃおうぜ!というようなものだ。

ポイントはソフトより前に発売されている、ということ。

発売後だったら読者はゲームに役立つ実用的な内容を求めるだろうが、発売前だからとにかくお祭り気分を盛り上げるような、ある意味「フェスティバル」な内容が望ましかった。

結果、今見るとワケのわからん珍企画が満載で、イシちゃんも若かったなぁ~と当時に思いをはせるばかりだぜ。


<モンスターの動きに歌詞をつけるコーナー>


bl161128_02.jpg


シリーズで初めてモンスターが3DCGで描かれたため、アクションが超なめらかだった。

そのなめらかさがうれしくて、つい歌詞をつけてしまったのだ…。出来心だったんだ…。


<『Ⅷ』をプレイするためにお部屋を改造するコーナー>


bl161128_03.jpg


とにかく画質も音質もハイスペックになったから、それを活かすためにキミの家の環境も整えよう、というコーナー。

サラウンドヘッドホンを買おうとか、100インチのプロジェクターを買おうとか、足ツボスリッパを買おうとか、マジメな調子で勝手なことばかり言っている。


<インタビュアーがすぎやまこういちさんのコスプレでご本人にインタビューするコーナー>


bl161128_04.jpg


こら――っ! 大先生に対して失礼すぎるだろ!!

お忙しいのにつきあってくださったすぎやま先生に、感謝の念しかないわっ!!


…もちろん、こんなビミョウなページばかりじゃなくて、ちゃんと読み応えのある記事もやっていたぜ。


<鳥山明先生が描きおろしたキャラにコメントをするコーナー>


bl161128_05.jpg


鳥山先生が、自らのキャラクターに貴重な創作秘話を寄せてくださった。

「あらくれ」は酒場にいるが、口が隠れているのにどうやってお酒を飲んでいるんだろう…とか、イイ感じのコメントが多発!


<「ゆう帝」復活コーナー>


bl161128_06.jpg


1980年代に週刊少年ジャンプで堀井雄二さんが連載していた「ファミコン神拳」というゲームコーナーの復活企画。

当時、堀井さんは「ゆう帝」というキャラでページに出演していたのだ。

アラフォー世代には泣ける、レア企画だった。



……そしてそして、本書最大の話題となったコーナーといえば、コレ!


<ゼシカのおいろけ袋とじコーナー>


bl161128_07.jpg


ゼシカちゃんのセクシーな写真に彩られた、禁断の袋とじだ!

当時はまだゼシカの情報がそんなに出回っておらず、ゲーム内でどんな活躍をするのかも知られていなかったのだが、なんと装備を着替えるとグラフィックも変わる場合がある…しかも超セクシーな装備もある…という特大スクープ!

これを目当てに本書を購入したという野郎どもも多発したとかしないとか…。


…ということで、「『ドラゴンクエストⅧ』大冒険スーパーガイドブック」の中身をザッと紹介してきたわけだが、どうだった?

おもしろそうな本だろ?

残念ながらもう書店では手に入らないと思うが、今後どこかで読む機会があったらイシちゃんのことを思い出してくれ。


当時はSNSもあまり普及していなかったから、「みんなで盛り上がれる場」みたいなものが多くなかった。

そんな中で、DQファンがみんなで盛り上がれる1冊が作れたら…ということでイシちゃんはがんばってこの本を作ったわけだ。


やっぱり『DQ』ってのは全国のゲームファンにとって共通言語となる、特別なタイトルだということだな。

発売が近いってだけで、こんなに大勢の人が意気投合できちゃったり、本が出ちゃったりするタイトルというのも、そうそうないだろう。


オッサンになった今でも、イシちゃんは『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の発売をとっても楽しみにしてウキウキしているぜー!

そしてまたいつか、こんな増刊本を作れたらライター冥利に尽きるってもんだな。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


slajan_base02_RGB.jpg

わほ~い、昨日は12年前に『DQVIII』が発売された記念日だったジャン!

みんな、知ってたジャンかな?


イシちゃん、いつになくアツい原稿、ありがとジャン!

やっぱライターは、自分が作った本への思い入れは、なみなみならぬ部分があるんジャンないかねジャン!


 

 

次回は12月5日(月)更新予定