■週刊少年ドラクエ!! WEB No.024

slajan_base05_RGB.jpgのサムネイル画像

いえ~い! 

DQ誕生30周年の日が過ぎ、ホッとひといき…なんてわけにはいかないジャン!!

今月は『DQ モンスターバトルスキャナー』が稼働開始するし、この先もいろいろなイベント盛りだくさんだし… 

うちらも負けてられない、というわけで、今週はなんと新コーナースタート!!

みなさん、心して読むジャンよ! 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆今週のコンテンツ!!◆◆◆◆◆◆◆◆

DQトピックス!! 週刊少年ジャンプ27号にDQモンスターバトルスキャナー最新情報! 

新コーナー・DQにこんなキャラクターがいた! DQシリーズの住人たちをピックアップ! 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆DQトピックス!!◆◇◆◇◆◇◆◇◆

66日(月)は週刊少年ジャンプ27の発売日! DQ情報コーナー・週刊少年ドラクエ!!絶賛連載中! 

 

ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー 

623日より稼動が決定した新たなアミューズメントカードゲーム!!

今週は必殺のスペシャルチケットについてスクープ!!

 

 

□■□■□■□DQにこんなキャラクターがいた!□■□■□■

DQシリーズに度々出てくる「ゆきのふ」の伝説

 

DQシリーズに出てきた主人公や仲間以外のキャラクターにスポットをあてるこのコーナー。

回は「ゆきのふ」という人物を掘り下げてみよう!

 

 

「ゆきのふ」の名が初めて登場したのは、シリーズ第1作目となるファミコンソフト『ドラゴンクエスト』。

主人公は、旅を続けるうちにドムドーラの武器屋である「ゆきのふ」のことを度々耳にすることになる。

 

なぜかというと、この「ゆきのふ」がロトのよろいを店の裏の木の下に埋めたというウワサがあり、主人公はその話を元にロトのよろいを探すことになるのだ。

しかし「ゆきのふ」は既に亡くなっていて、冒険中に彼と出会うことはない。

 

DQIII』では、彼の父親と思われる人物が、子供を「ゆきのふ」と名付けたことを話す場面があり、『DQI』との関連性を匂わせている。

 

DS/スマホ版『DQIV』では移民だったり、『DQV』や『DQVII』では仲間モンスターの名前になっていたりするので、すべての「ゆきのふ」が同一人物というわけではないようだ。ちなみに2016128日に発売された『DQビルダーズ』には、『DQI』の初代「ゆきのふ」の関係者と思われる「ゆきのへ」という住人がメルキド編に登場する。

 

bl160606_01.JPG

 

 

DQビルダーズ』の「ゆきのへ」は伝説の鍛冶屋の子孫で、かつてドムドーラと呼ばれた場所に捕らわれている。

 

bl160606_02.bmp

 

その後、なんと住民にもなるのだ!

なんだかちょっと、嬉しいのである。

 

 

「ゆきのふ」という名前そのものの元ネタは、DQ初期のプロデューサー、千田幸信(ちだ ゆきのぶ)氏と言われている。

「ゆきのぶ」ではなく「ゆきのふ」となっている理由は、初代ファミコン版では名前は平仮名4文字までで、なおかつ濁点はそれだけで1文字と数えられたため。結果、「ゆきのぶ」→「ゆきのふ」となったわけだ。

 

このコーナーでは、今後も気になるDQ世界の住人・NPCにスポットを当てていくぞ!

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

slajan_base03_RGB.jpgのサムネイル画像

ゆきのふ…勉強になるジャン!!

どうやら、昔からのDQファンには有名みたいジャンな。

この新コーナー、これからも楽しみジャン!!

 

そして…Vジャンプ編集部から速報が飛び込んできたジャン!

 

鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ 重版決定!!

 

みなさん、ありがとうございますジャン!

重版がいつごろ書店に並ぶのかは、また情報が入り次第お知らせするジャン!!

じゃ、また来週ジャン!!!

 

 

次回は613日(月)更新予定!!