■週刊少年ドラクエ!! WEB No.008

slajan_base05_RGB.jpgさてさてみなさん、2月10は何の日かご存知ジャンか?

今週は記念すべきその日について、DQ関係の仕事を当時からずっとしているベテランライターさんが、その思い出を語っちゃうジャン!!

当時を知っている人も、知らない人も注目ジャン!!


 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆今週のコンテンツ!!◆◆◆◆◆◆◆ 

DQトピックス!! 週刊少年ジャンプ10号の『週刊少年ドラクエ!!』では『DQモンスターズ ジョーカー3』の通信要素を紹介! 

◆語れ! オレのDQ DQⅢ』発売時の思い出を語っちゃう! 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆DQトピックス!!◆◇◆◇◆◇◆◇ 

今日、28日発売の週刊少年ジャンプ10のDQ情報コーナー『週刊少年ドラクエ!!では、『DQM ジョーカー3』の気になる要素を紹介! 

 

『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3

すれちがい通信といつの間に通信、友達とのローカル通信、

全国の強者と戦えるWi-Fi通信と通信要素を紹介だ~!!

 

☆★☆★☆☆語れ! オレのDQ!!☆★☆★☆

キミは知っているか!? 『DQIII』発売狂想曲!!

 今から28年前、1988年の210は、あの名作『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』の発売日。当時は、社会現象とも言われるくらいの大騒ぎが巻き起こったことを知っているかな?


bl160208_01.jpg

 『ドラゴンクエスト』、『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』と、徐々に高まってきた人気が、ついに大ブレイク! 発売前から異常な盛り上がりを見せていた『DQIII』。あまりの過熱ぶりから、発売前の週末には多くの販売店が異例の整理券事前配布を実施! なんとその整理券配布ですら、徹夜の行列ができてしまうほどの盛り上がりだったのだ! 

 

発売前ですらこんな状況なのだから、発売当日はいったいどんなことになってしまうのか!? やだドキドキとまんない♪とばかりに、当時まだ駆け出しライターだった私は、発売前夜の池袋の街へと飛び出した。なんで池袋かって言うと、池袋の量販店だけが整理券なしの当日販売を行うことになっていたからだ!深夜、池袋の量販店前に到着すると、そこには想像以上の人の列が! お店の前から始まった行列は、終わりがないかのように果てしなく続いていたのだ。正直、ここまでとは思ってなかった…。テントに寝袋、ダンボールなどなど、寒空の下、みんな思い思いの防寒対策をして並んでいる。ただ、ほんの少し立っているだけでも手足がかじかんでくるような寒さにも関わらず、どことなく浮ついた気配を感じたのは気のせいではないはず! 並んでいる人全員じゃないにしても、なんかとんでもない祭りに参加しているのを楽しんでいるように見える人も多かったぞ。仕事じゃなければ自分も参加したいと思うぐらい、なんかわくわくさせるものがその空間にはあった!…まぁ、きっと寒さに耐えられなかったとは思うけど!(笑)。

 

携帯ゲーム機や今のような携帯電話もなかった当時、時間つぶしに遊ぶとすればアナログゲームぐらいのもの。並んでいる人たちの中には、トランプやオセロはもちろん、テーブルを持ち込んで麻雀をやってるグループがいたりして、はたから見ていてすごく楽しそうだったんだよね。携帯コンロで鍋をつついてる集団は、めちゃうらやましかったなぁ(笑)。また、1人で来ていたとしても、まわりにいるのはみんなDQファンばかりなので、見知らぬ人同士がDQ話で盛り上がった、なんて話も取材していて耳にしたっけ。

 

そんなわくわく感に後ろ髪をひかれながら、翌朝の取材に備えていったん帰宅。ほとんど寝る間もなく、始発電車で再び池袋へとやってくると、さらに驚きの光景を目にすることに! 池袋駅を出ると、大勢の人が自分と同じ方向へと流れていくことに気付く。その先に見えるのは、昨晩よりもさらに延び、池袋駅前通りの歩道を埋め尽くした人の列! どこまで続いているかわからないようなその列に向けて、人々がとどまることなく集まってくるのだ。あとで聞いたところによると、開店時間に列は5kmほどにも達していたらしい! はたしてその長さが本当かどうかは知らないけれど、あの光景を目にするとまんざら嘘だとも言い切れない。後にも先にも、あんな長さの人の列を見たことはないからね。正直その時は、今から並んでも絶対に買えないだろうと思ったもん。

 

これほどまでに行列ができたのは、もちろん『DQIII』の人気によるところも大きいんだけど、当時のゲームソフトが1度売り切れてしまうとしばらくは手に入れることができなかったことも、大きく影響していたんじゃないかな。次の入荷まで1か月待ちは当たり前、ひどいときは2か月待ちなんてこともあったから、人に遅れをとりたくないと思ったら、なんとしてでも発売日にゲットするしかなかったわけ! とくに『DQ』みたいな大人気ゲームの場合、出遅れると話についていけないだけじゃなく、今でいうネタバレにも悩まされ続けることになるんだ。自分も仕事でプレイしていたにも関わらず、始めた直後、先にやっていた先輩から自慢げにラーミアを見せられ、悔しい思いをしたことは今も忘れていない(笑)。同じようなことがきっと日本のあちこちであったんだろうね。

 

発売当日の様子は、その日のニュース番組で大々的に取り上げられ、翌日の新聞でも大きく報道されたのだ。それほどまでに国民的な関心事だったってこと! そして発売からしばらくの間は、『DQIII』にまつわる様々なニュースが流れ、多くの話題を提供し続けたぞ。ゲーム自体の評価も非常に高く、今なお最高のゲームにあげる人も多い。とくに、当時リアルタイムで『I』から『III』を流れで体験した人にとっては、その思い出も含めて評価が高い気がする。かくいう私もその中の1人で、この時代を体験できたことは、本当にかけがえのない宝物だと思う! そして『DQIII』は、記録にも記憶にも残る1として、これからもずっと語り継がれていくはずだ。

 

今から28年前の210日、その名の通りドラゴンクエストは伝説になったのだ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

slajan_base06_RGB.jpg

わ~お、やっぱりリアルタイムで知っている人の証言は、説得力あるジャン~!!

先日行われたDQ30周年プロジェクト発表会では、堀井雄二さんが、自ら量販店の行列を見に行った…という話をしてたジャン!

当時はほんとうに、伝説的な出来事だったんジャンね~!

10日はそれを思って、過ごしてみるジャン。

じゃ、また来週!!


次回は215日(月)更新予定!!