■アストルティアレポート 番外編


『ドラゴンクエストX オンライン』の舞台をレポート!

 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

こんにちは! 外はすっかり寒いですが「DQ」があればいつでもぬっくぬく!! な、ライターIです!

本日は、2019年12月18日(水)~12月26日(木)まで、俳優座劇場で行われている舞台「冒険者たちのホテル~ドラゴンクエストXに集いし仲間たち~」ゲネプロの模様をお届けしちゃいますよ!!

 ba191220_b1_R.JPG

2016年に演劇集団イヌッコロにより上演され、2017年にはなんと「ドラゴンクエスト夏祭り2017」で堀井雄二さんも出演された本作品が、新演出になって帰ってきました!!

奥さんに「今度ゲームをしたら離婚!」と言い渡されるまでに『ドラゴンクエストX オンライン』にハマっている売れっ子作家、藤澤智彦。限定ボス討伐のため、自身の受賞パーティーが行われるホテルでオフ会の開催を画策するのですが…嘘が嘘を呼び、勘違いが勘違いを増幅させるコメディ、ここに開幕です!
 ba191220_b2_R.JPG ba191220_b3_R.JPG
 ba191220_b4_R.JPG ba191220_b5_R.JPG

なんとこの舞台は、最初から最後までホテルの一室のみで繰り広げられるワンシチュエーション! キャストさんたちの会話を中心にテンポよく進んでいくストーリーに、心地よく没入することができました!

 

「DQネクスト!」ではマナティブイを虜にした、冒険者ゆうたまんに注目!!

ba191220_b6_R.JPG

藤澤の師匠であり、パーティでは僧侶を担当している彼…。
ゲーム内では頼りになるリーダー的存在ですが、実際の彼は奇天烈なファッションに身を包む、中二病全開でかなりパンチのきいたキャラクターだったのです…! ウム。

「仕事以外はゲームに集中しろ!」という金言も生まれました。

ba191220_b7_R.JPG

女優を目指しながらホテルのウェイトレスとして働く三宅優に、とある誤解から生じる好待遇を受け、速攻魅了状態!!
ゆうたまんのリアル魅了状態を解くため、スキルがポンポン飛び交う一連のシーンは必見です!
「DQ」ファンならおなじみの音楽や効果音もたまらないですね!


ゲネプロ後には、出演者のみなさんにカコミ取材に応じていただきましたよ…!

──ゲネプロを終えての感想をお願いします。

今江大地さん:はじめての主演ですが、演出の佐野さんと共演者のみなさん、優しいスタッフさんと一緒にやれて幸せです。ゲネプロは緊張して足が震えました。でもメッチャ楽しいです!

佐野瑞樹さん:会話劇のコメディなので、とにかくお客さんを笑わせないと意味がない。本当にミッチリ稽古してきました。あとはお客様にどこまで笑っていただけるか、ドキドキしながらも楽しみにしています。

花奈澪さん:1か月間、みんなで稽古してきた成果をようやくお見せできると思うと楽しみです!

近藤頌利さん:お客様の空気を感じて演じなければならないので、日によって違った公演になると思います。キャスト陣が会場の空気をくみ取って望めたらいいなと思います。

米原幸佑さん:大地との絡みが多く振り回される役なんですけれども、稽古からゲネプロまで本当に楽しくできました。僕らが楽しみながらワタワタ困っている姿を楽しんでもらえたらいいんじゃないかなと思います。

丸山敦史さん:稽古でやることはやってきたので、あとはお客様と一体になって素晴らしい舞台を作り上げられたらなと思います。カーテンコールの今江大地の歩き方が運動会の小学生の入場のようで、可愛くて仕方がないです。千秋楽では堂々と歩くようになるかもしれません(笑)。注目してください!

近藤さん:歩き方がシンプルにヘタなんです(笑)。

──今江さんは今回、初主演ですけれどもあらためていかがですか。


今江さん:すごく緊張しますし、不安も正直ありますけれど、楽しみです。

──舞台俳優の先輩として、佐野さんから今江さんにアドバイスはありますか。

佐野さん:ほぼマンツーマンのような形で稽古してきた中で、僕の伝えたいこともたくさん伝えてきました。それにしっかり応えてどんどん成長してくれたので、最後は自信を持ってやってくださいと。本番は自分を天才だと思って楽しんでください。それは稽古を頑張った人へのご褒美です。

──舞台の中で、仕事を取るかゲームを取るかの葛藤が描かれていますが、実際にそういったエピソードはありますか。

佐野さん:僕はそれこそものすごく『ドラゴンクエストX』にハマって、朝まで遊んでいて遅刻したことが2~3回あります。電車の中で寝ちゃって、乗り過ごしてしまうんです。それくらいハマっていました。

近藤さん:僕は携帯機やスマホのゲームばかりプレイしてきたので,この舞台を機に据置機のゲームに挑戦してみようかと考えています。そのために、いいテレビを買おうと思っています!

花奈さん:小さい頃、親戚が家に来ているのにずっとゲームをやっていて、母親が窓からゲームボーイを投げ捨てたことがありました。でもゲームボーイは無事だったんです! ゲームボーイは頑丈です(笑)。

──最後にキャストを代表して、今江さんからこの舞台にかける意気込みをいただけますか。

今江さん:この舞台に立つことをメチャメチャ楽しみたいです。以上です!



舞台の詳しい情報は、こちらからチェック!!
https://bouken-stage.info/