■『ドラゴンクエストXI』キャラクタースペシャル!! 第1回

 

VジャンプWeb DQネクスト!年末年始特別企画

『ドラゴンクエストXI』人気キャラクタースペシャル!!

第1回 大人気! ロトゼタシア系男子!!



みなさん、2017年ももう終わりですね!

2017年をドラゴンクエスト的にまとめると…節目の30周年を終え、31年目に入りました。8月には『ドラゴンクエスト夏祭り2017』が大々的に開催され、『いただきストリート DQ&FF 30th』も発売となり、初のデジタルカードゲーム『DQライバルズ』の配信や、『DQX』新バージョンも発売されて…え? わざと、いちばんビッグなタイトルを避けてるだろうって?


みなさんの、思っている通りです!

やっぱり2017年のDQと言えば、おひさしぶりのナンバリングタイトル、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が発売されたことに尽きるでしょう!!


何もかもが魅力的だった『DQXI』ですが、今回から毎月、3か月連続で、スクウェア・エニックス全面協力のもと、『DQXI』キャラクター大特集をしちゃいます!!


ストーリーのネタバレを含んだ内容がありますので、最後までクリアしていない人は、ご注意ください。




DQXI171226_00.jpg


パーティの仲間たちは、全員がそれぞれ違う魅力を持っている、個性的で素敵なキャラクターばかりでしたよね!

また、パーティメンバーだけでなく、『DQXI』には魅力的なNPCもたくさんいました!


第1回目は、

大人気! ロトゼタシア系男子!!

と題して、魅力的なカッコいい男子たちを特集しちゃいます!



■CHARACTER PROFILE in ロトゼタシア


FILE No.1 主人公


DQXI171226_01.jpg


やっぱりロトゼタシア系男子の最初は、『DQXI』の主役、プレイヤーの分身でもある、爽やか勇者系男子の主人公です!

山奥にあるイシの村で育った16歳の青年で、実は勇者の生まれ変わりという、特別な存在。

勇者とはいったいなんなのか、その謎を解くために広大な世界へと旅立つのでした。


トレードマークはサラサラヘアー。

 

DQXI171226_02-1.jpg

どうやらロトゼタシアでは、主人公ほどのサラサラな髪の毛は珍しいようで、世界のいろんな人にサラサラヘアーのことはいじられます。


9月29日に行われたスペシャルイベント・ネタバレイトショーでは…。


・好きなキャラクターランキング(異変前編) 5位

・好きなキャラクターランキング(異変後編) 7位

・好きなキャラクターランキング(クリア後編) 3位


という結果でした。

まあ、主人公はプレイヤー自身でもありますから、そんなにランキングが高くないのは納得ですが、クリア後に3位にアップしているところに注目です。

クリアしたみなさんなら、納得の結果ではないのでしょうか?


DQシリーズの歴代勇者や主人公は数多くいれど、数々の災いを打ち砕き、多くの人々を救った『DQXI』の主人公は、歴代ナンバーワンの勇者で、主人公ではないのかとVジャンプは思います!!


DQXI171226_02-2.jpg

 

「……勇者とは!

最後まで けっして……

あきらめない者のことです!」

 

こちらは、ネタバレイトショーの名ゼリフランキングで堂々1位となった、海底王国ムウレアの女王・セレンのセリフです。

 

DQXI171226_02-3.jpg


このセリフのように、どんなに辛いことがあっても、くじけそうになっても、絶望的としか言えない状況でもあきらめなかった「主人公=俺、スゴい!」と、まさしく思いましたもの。



●Vジャンプが選ぶ! 主人公のいっちば~んカッコいい特技!


さて、主人公は勇者ということもあり、主人公しか持っていない特技も多く、戦闘でも活躍しました!

れんけいも一番多いので、戦闘ではお世話になった人も多いですよね。

Vジャンプが勝手に選んだ、主人公のカッコいい特技、ベスト1は…!



閃光斬ですッ!!!


DQXI171226_03.jpg


勇者のつるぎを装備することで使える勇者だけの技で、灼熱斬や暗黒斬などと同じアクションですが、やっぱりもっとも勇者らしいのは閃光斬でしょ!

剣を掲げてパワーを込め、右手で逆手持ちにし、身体を回転させて放つ大技です!!

ちょっと『ダイの大冒険』のアバンストラッシュに似ているところも、選んでしまったポイントです。


●主人公にVジャンプから質問!


『DQXI』キャラクターたちに、いろんなことを聞いてみたい!

まずは主人公について、Vジャンプからの質問をぶつけちゃいます!

主人公への質問については、相棒のカミュに答えてもらいました。


Q:過酷な冒険中に、サラサラヘアーのサラサラを維持するために、なにかしていることはあるんですか?


カミュ「いや、あいつが髪の手入れをしてるところなんて、見たことねえよ。どんなに髪が乱れたって、ひとたびかき上げれば、ふぁさっと元通りさ。あんな長い髪を手入れ無しで維持できるなんて、ホント、勇者の奇跡だよな。もしも、オレが髪を伸ばしたら、ベロリンマンみたいになるのが関の山だぜ……って、オレの話はいいか。」

 

Q:パーティの中で、冒険で重大なことを最初に相談するなら誰ですか? 


カミュ「なかなか答えづらい質問だな…。自分のことを持ち上げて話すってのは、あまり得意じゃねえ。まあ、つまり…その答えは、オレってことだ。」


Q:勇者が使える特技やれんけいのうち、好きなものとその理由を教えてください!

 

カミュ「そうだなあ、覚えてるのは、あいつが「かえん斬り」をはじめて覚えた時だな。剣が燃えて大はしゃぎして、オレに見せにきたのは、今でも覚えてるぜ。あの勇者さまにもそんなウブな時があったなんて、意外だろ?」




FILE No.2 カミュ


DQXI171226_04.JPG

2人目は、主人公の最初の仲間であり、かけがえのない相棒でもある盗賊・カミュです。

デルカダール城で主人公と出会ったカミュは、謎の預言者から勇者に関する預言を授かっており、勇者だという主人公を信じ、行動をともにすることになります。


主人公の“相棒”として活躍するカミュですが、トレードマークであるツンツンヘアーが、主人公のサラサラヘアーと対照的なところもおもしろいですよね。

フードを被ってもツンツンは崩れないし、蒸し風呂に入ってもツンツンなまま!


DQXI171226_05.jpg


これは、今世紀最大のツンツンヘアーの持ち主かもしれません!

『DQVI』の主人公とどっちがツンツンなのか、比べてみて欲しいものです。



さてネタバレイトショーでは…。


・好きなキャラクターランキング(異変前編) 1位

・好きなキャラクターランキング(異変後編) 3位

・好きなキャラクターランキング(クリア後編) 2位


と、安定の人気!

異変前はダントツの人気なのですが、異変後はパーティメンバーそれぞれにいろいろなことがありますから…しょうがない、というのはみなさんおわかりですよね!

そんな中での3位はスゴい、と言えるでしょう!

クリア後、2位にランクアップしているのは、レベルが上がってスキルポイントも増えると、かなり強くなるから…かもしれません!


そして…カミュと言えば、ネタバレイトショーでも話題に上がっていましたが、ニンテンドー3DS版の冒険の書の中の世界・ルドマンの屋敷に記憶喪失のカミュを連れて行ったときのやりとり!

これはVジャンプブックス制作中に、Vジャンプスタッフの中でもかなり話題になっていました。


特にこの辺のセリフがいいんですよ~!


DQXI171226_08.jpgDQXI171226_09.jpg

 

「ズビビィ!」

が、いいですよねえ。

一時期マイブームになってました(笑)。

そのほかにいろんな場所で話しかけても、いつもとは違うことを言ってくれるので、さまざまな場所に行ってカミュに話しかけてみましたね。



●Vジャンプが選ぶ! カミュのいっちば~んカッコいい戦闘シーン!


カミュはとにかく、素早くて、クールで、カッコいい特技やれんけいが多いですからね!

「ぶんしん」もカミュが3人になって素敵だし、主人公とのれんけい「お宝ハンター」でカメラ目線の笑うとこもいいですし…めちゃくちゃ迷いましたが、VJが勝手に選んだカミュのカッコいい戦闘シーン、ベスト1は…!

 

れんけい「シャドウアタック」のこの一瞬!


DQXI171226_06.JPG


カミュが背後から切り上げる直前の、この不敵な表情!!

見事な流し目と、にやりと微笑む口元が素敵すぎます!

一瞬しか見れないところも、いいんですよね~!


さらに…!


DQXI171226_07.jpg


フードを被ってる序盤のこの瞬間もまた、カッコいいんですよ!



●カミュにVジャンプから質問!


カミュに、Vジャンプからの質問をしちゃいます!

やっぱり気になるのはツンツンヘアー!


Q:どんなときでも、ツンツンヘアーを維持できる秘訣は?


カミュ「秘訣ってほどのことでもねえが、オレは両手で髪をかき上げるクセがあってな。気合を入れるときとか、ついやっちまうんだ。子供の頃からやってたら、いつしかこんな髪型になっちまった。…とにかく、オレはこの髪、気に入ってるぜ。走っても髪の毛が目に入らねえし、それに、アイツと同じ髪色ってのも…な。」


Q:パーティの中で、主人公以外に相棒候補はいますか?


カミュ「あいつ以外に相棒候補がいるか……か。難しい質問だな。そうだなあ、じゃあ、強いてあげるならって意味で、ふたりでれんけい技を繰り出せるやつにするぜ。

えーと……ベロニカは無いな、セーニャもダメだ。シルビアのおっさんなら、ひとつくらい……って、おいおい、マジか!? ふたりでれんけい技ができる仲間が、あいつ以外いねえじゃねえか!」




FILE No.3 グレイグ


DQXI171226_10.JPG


3人目として取り上げるのは、デルカダール王国の将軍で、民からの信頼も厚いグレイグです!

デルカダール王の命を受け、勇者を追いかけ…その後、どうなったのかはみなさんご存じの通り。


DQXI171226_11.jpg


仲間になってからは、非常に頼りになるキャラクターでした。



ネタバレイトショーのキャラクターランキングでは、


・好きなキャラクターランキング(異変後編) 4位

・好きなキャラクターランキング(クリア後編) 6位


異変後の4位というのは、いっしょに冒険する時間が長いですし、みんな冒険でかなりお世話になったのでランクインしたのでしょうか?

徐々に本性というか…異変前にはわからなかった真面目で堅物だけど“ムフフ本”に詳しいことや、“バニー”や“ぱふぱふ”に興味津々なことなど…ちょっぴりHな人間らしい面が、明らかになったからかもしれません!


Vジャンプ編集部が一番気になっているのは、異変後のこの服装です。

異変前に着ていたデルカダールメイルなどの装備は、いったいどこへ?

ボロボロで使い物にならなくなったとか、なくしてしまったとか…なのですかね?

どう見ても守備力の低そうな服装に、ちょっぴり不安になった人も多いのではないでしょうか?


DQXI171226_12.jpg


いや、グレイグはその鋼の肉体自体が鎧であり、装備なんか守備力に関係ない!

…のかもしれないと、無理やり納得しておきます。



●Vジャンプが選ぶ! グレイグのいっちば~んカッコいい戦闘シーン!


グレイグの戦闘シーンと言えば、愛馬リタリフォンが登場するれんけい技「駿馬乱舞」がカッコいいですよね!

すごく賢そうな、リタリフォンもステキです。


DQXI171226_13.JPG


でもやっぱり、これには負けるでしょう!


DQXI171226_14-2.JPG

ジャ~ン!

れんけい「聖騎士の証」のこのシーン!

『DQX』のパラディンにも通じる、超カッコイイシーンです。

デルカダールの双頭の鷲の紋章が、バックに出現する演出もステキですね!!


そして…このれんけいもステキです!


DQXI171226_15.JPG


れんけい「忠義の鉄塊」です。

マルティナさんになら、こんな風にぶん投げられて乗られてもいい、グレイグになりたい、という男子は意外と多いのではないでしょーか!?

なので、一番カッコいい戦闘シーンは、誰がなんと言おうと、れんけい「忠義の鉄塊」に決まりです!



●グレイグにVジャンプから質問!


グレイグにも、Vジャンプからの質問をしちゃいましょう!


Q:パーティの中で、誰にも言っていない秘密を打ち明けるとしたら誰にする?


グレイグ「む、俺に対する質問か。誰にも言っていない秘密を打ち明けるとしたら誰に……か。むう……。姫さまに、あのようなことを打ち明けてもいいのだろうか……。はっ……! 待て、今のを正式な回答にはしないでくれ。今のはひとり言だ。むう……。ならば、ゴリアテか。だが、ヤツに弱みを握られるのも……。すまん、待たせたな。打ち明けるとしたら、俺が盾になると心に決めた勇者だ。彼の澄んだ瞳の前では不思議と素直になれる。実際、虫嫌いなことなども、あっさり話してしまったしな。」


Q:マルティナ姫のことは、いったいどう思っていますか?


グレイグ「強く! 気高く! お美しい! 我らデルカダール王国、いや世界一の姫君だろう! まあその、少々、おてんばがすぎるところもあるから、共に旅をするようになってから、胃が痛くてかなわんのだが。……む、この話、姫さまにはしないでくれよ、あの回し蹴りが飛んできかねんからな。」


Q:ホメロスの好きなところと嫌いなところを教えてください。


グレイグ「ホメロスの何事も先の先を読み、行動するところは、俺には絶対に真似できないことだから、とても尊敬している。嫌い……というか、直したほうがいいと思うところはたくさんあるな。例えば、あのクチの悪さ。子供の頃からそうなんだが、気に入らない人間をドブネズミと呼ぶのは、よくないと、俺は思うぞ。」




FILE No.4 ホメロス


DQXI171226_16.jpg


4人目は、パーティキャラクターではないですが、デルカダール王国の将軍で、グレイグとともに勇者を追ってきたホメロスです!


ホメロスと言えば、やっぱりこのシーンが印象深いですよね


DQXI171226_17.jpg


カミュを人質に取ったりする卑劣なヤツなのですが、なんだか運がないというか、ツメが甘いというか、憎めないキャラクターだと思います。

それに、彼はドルマ系呪文を使うイメージがありますよね。

闇の呪文が最も似合うキャラクター…それがホメロスです!!


ネタバレイトショーのキャラクターランキングでは、


・好きなNPCランキング 1位

・あと1人仲間にするなら? 1位


と、NPCの中では断トツの人気でした!!!

確かに、NPCとしては登場シーンも多いですし、カッコいいですし、強いですし…グレイグとの関係性も…ですしね!

後半はあんなことになっちゃいますが、人気なのも頷けます。


注目したいのは、やはり少年時代のシーンでしょうか。


DQXI171226_18.jpg


少年時代にイヤそうな顔をしていたのは、グレイグに倒されたときと…。


DQXI171226_19.jpg


デルカダール王が赤ん坊の姫を抱いて現れたシーン。

グレイグは笑顔なのに、ホメロスのこの顔は…。


デルカダール王に忠義を尽くそうと、日々努力をしていたホメロス。ですがいつの間にか負の感情を抱くようになり、デルカダール王が自分よりも大切にする者に対して、嫉妬するようになったのかもしれません。



●ホメロスにVジャンプから質問!


ちょっぴりドキドキしながら、ホメロスに質問です!


Q:幼い頃の、グレイグとの思い出をなにかひとつ教えてください!


ホメロス「忌々しい思い出ばかりだが……あいつと、はじめて会った時のことは、忘れもしない。やせっぽちで、薄汚れていて、不安そうに震えていてな、夜になると、家族の名を呼んで泣いていた。王に命じられて、あいつが少しでも眠れるようにと、本を読んでやったり、菓子を分けてやったりしたものだ……フン くだらない昔話だがな。」

 

Q:主人公パーティの中で、あえて1人仲間にするとしたら誰?


ホメロス「フンッ……ドブネズミがなん匹ついてきたところで、足手まといには変わりはないが、あえて選ぶなら、双賢の妹君だろう。回復の呪文に長けた者は、我がデルカダールには少ないからな。もしも、使い物にならなければ、城のメイドにでもして、働かせればいい、フハハハハ。」




そして、キャラクター特集のラストは、内川毅ディレクターへの突撃インタビューをお届けします!


■主人公、カミュ、グレイグ、ホメロスについて、内川ディレクターに訊く!


今回取り上げた4人のキャラクターに関して、『DQXI』のPS4版ニンテンドー3DS版両方のディレクターを務めた、内川さんに訊いちゃいました! ちまたで大人気だった、さそうおどりに関しても語ってくれましたよ。


――主人公・カミュ・グレイグ・ホメロスの体格をモデリングするにあたり、それぞれ意識したことはなんですか?


主人公…過去シリーズの主人公に比べ、等身が高くなっているのが特徴です。こだわったのは革素材、金属、布生地など服の質感。紫部分の生地はベルベット生地を参考にして高級感を意識しています。


カミュ…カミュは細マッチョのイメージでモデルを作成。露出度の高い服が多いので、そのイメージを崩さないように、特に胸元などをこだわって作っています。身長は相棒である主人公とのセット感を意識しました。


グレイグ…服の上からでも筋肉を感じられるよう、シルエットに注意を払い、数多くの資料を参考にして、筋肉の流れや骨格を把握しながらモデリングしました。今作では一番大きい体格のモデルとなります。


ホメロス…グレイグと並べたときの対比を特に意識しました。彼の特徴である髪は、指で払ったときにちゃんと思い通りに動くようにしたりと、どんな演技にも耐えられるように作っています。


――各キャラクターごとに、「さそうおどり」にかかったときのモーションを変えた理由は? また、主人公・カミュ・グレイグのダンスシーン制作秘話を教えてください。


踊りは各キャラの性格や生い立ちなどが、大きく感じられる要素だと思ったので、こだわりを持って差別化しました。キャラクター性を際立たせるためにどんな踊りがいいか、スタッフがたくさん意見を出してくれたおかげで、非常に面白い内容になったと思います。


主人公…高貴な生まれですが、育ちが山奥の村ということもあって、ちょっとさえないダンスになっています。開発当初は腰を左右に振る動きが入っていたのですが、「さすがにダサすぎる!」という声が多数上がり、その部分はカットされました。


カミュ…カミュは運動神経抜群なので、キレのあるダンスをイメージしています。振り付けは、こちらの意図をモーションアクターさんにお伝えし、アドリブで踊ってもらいながら決めていきました。熱意とセンスのあるアクターさんたちに本当に感謝です!


グレイグ…グレイグの踊りは炭坑節を参考にしています。この踊りを採用するかは結構悩みましたが、彼の意外な一面が演出でき、バンデルフォン音頭という言葉の響きや設定も面白かったので、採用を決めました。今となっては、彼の踊りはこれしかないなと思っています。


――エントリーキャラクターのなかで、内川Dが思うイケメンNo.1は誰ですか?


それぞれ人間的な魅力があるので、誰かひとりに絞るのは心苦しいですが…イケメンとなるとカミュに一票でしょうか。容姿はもちろん、服の着こなし、言動、生い立ち…卑怯なくらいイケメン要素が揃っていると思います。ホメロスに捕まったり、記憶喪失になったり、弱い部分を見せつけられるあたりも隙がないですね。


内川ディレクター、ありがとうございました!

次回も、よろしくお願いします。

 



■『DQXI』みんなで名シーンピックアップ!


さてさてここからは、読者のみなさんにご協力いただく企画!

『DQXI』のキャラクターごとの好きな名シーンとその理由を募集します!


今回は、Vジャンプ編集部スタッフが選んだ名シーンをピックアップ!

まずは、Vジャンプブックス『DQXI』を作ったスタッフからの名シーンです!


勇者のつるぎを作り上げる! 主人公の名シーン!!

 

DQXI171226_20.jpg


「感動しちゃいました! 自分はファミコン版『ドラゴンクエスト』から、ずーっとプレイしてますから、ガイアのハンマーとか、オリハルコンとか、それだけでも涙が出そうなのに、どう見てもあの紋章の形になってたり、剣もあれとあれを合体させたような形だったり! すごすぎて、思わず「わ~!」と声を出しちゃいました!」(VジャンプDQライター・イワオカ)



世助けパレード登場! シルビアの名シーン!!


DQXI171226_21.jpg

「やはり、シルビアオネエさまがいきなりド派手な衣装で登場した、パレードのシーンですかね。絶望感しかない世界なのに、さすがシルビアオネエさま! と感動したのを覚えています。シルビアの凄さ、すばらしさが感じられた名シーンだと思います。」(VジャンプDQライターF)

 

 

このように、あなたの好きなキャラクター名シーンを大募集いたします!

どのキャラクターの、どのシーンかわかる説明と、その理由を書いて、メールで送るか、Twitterでつぶやいちゃってください!

ブログで発表になるかもしれないし、今後なんらかの形でまとめたりするかもしれません。


■メールで送る場合

件名を「VJDQXI名シーン」にして

vj-dqmail@shueisha.netまでメールを送ってください!


■Twitterでつぶやく場合

Vジャンプ公式twitter @V_Jump をフォローして、ハッシュタグ #VJDQXI名シーン をつけてつぶやいてください!

何個でもつぶやいてもらって構いません!

採用になる方にはVジャンプ公式twitterからメッセージで問い合わせることもありますので、フォローをよろしくお願いいたします。




『DQXI』人気キャラクタースペシャル!! 第1回 大人気! ロトゼタシア系男子!! いかがでしたか?

第2回は1月下旬にお届け予定です!

シブかったり、意外性があったりするナイスガイたちにスポットを当てたいと思います。

それでは、次回をお楽しみに~!



特報! ダウンロード版『DQXI』をはじめとしたセールを実施!!


ダウンロード版「ドラゴンクエスト」シリーズを対象としたセールが12月26日(火)から開催される!

PlayStation™Store、ニンテンドーeショップにて、『DQXI』はもちろん、『DQX』や『DQビルダーズ』、『DQヒーローズ』シリーズなどの対象タイトルのダウンロード版がお得な価格で提供されるぞ。

この冬休みは、ダウンロードしたDQシリーズで楽しもう!


■ダウンロード版「ドラゴンクエスト」シリーズ感謝セール


セール期間 2017年12月26日(火)~2018年1月8日(月)


<『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』セール価格>

PlayStation®4版 通常価格(税込)9698円

⇒セール価格(税込)5698円(4000円引き

ニンテンドー3DS版 通常価格(税込)6458円

⇒セール価格(税込)3958円(2500円引き





ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

発売中

ジャンル:RPG

機種:PS4、ニンテンドー3DS

価格:PS4版9628円(税込 パッケージ版/ダウンロード版)

ニンテンドー3DS版6458円(税込 パッケージ版/ダウンロード版)


(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.