■週刊少年ドラクエ!! WEB DQLST開幕直前スペシャル

bl160715_slajan_cos26_RGB.jpgのサムネイル画像

 

いよいよ明日、7月22日(金)開幕!!

日本初のまったく新しいライブスペクタクルショー『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』に注目!


先週7月16日(土)に静岡エコパアリーナにおいて開催された公開リハーサルの様子を、DQ大好きライターのブイなかじやがレポートしてくれるジャン!!


さらには、『スライムドーン!』をVジャンプで連載中、DQ大好きなかねこ統先生もイラストでレポートしてくれちゃうジャン!


わわわ~、スラジャンもはやく観たいジャン!!!




観たぞ! DQライブスペクタクルツアー!!

公開リハーサルで大興奮&思わず涙!?


bl160721_13.jpgbl160721_14.jpg

bl160721_00.jpg


会場に入った時から、思わず感動でござる~!!

毎週水曜日更新、『DQX』の日々の出来事をお伝えする、チームVジャンプブログでおなじみの、チームVジャンプいちのおもしろいこと大好き、DQ大好きなブイなかじやでござる。早速レポートしていくでござるよー。っとその前に!当然ながらこのあと多少のネタバレ要素が含まれるでござる。「何も情報を入れずにショーを楽しみにたい!」という読者の方は、ショーを見たあとに、このレポートを読んで欲しいでござる!



さてさて、エコパアリーナの会場に入った時から、本当に感動したのでござるよ。

目の前のステージ…というか、中央の大きなステージと周囲にかかったブリッジ、6つの島のようなステージ、そしてその上には天井から吊られた巨大な短冊状のスクリーンがたくさん…というそのスケールに驚愕しました!

 

bl160721_01.JPG

 

やっぱり一番驚いたのはその巨大スクリーンで…。

 

bl160721_02.JPG


これは、勇者の旅立ちのシーンで出てくるアリアハンのシーン。


bl160721_03.JPG


そしてこれは、世にも恐ろしい幽霊船のシーン!


bl160721_04.JPG


そしてこれは、勇者たちが乗り込むおどろおどろしい邪悪な城…!?


というように、上下する巨大スクリーンにさまざまな映像が映し出され、臨場感満点のシーンを作り出しているのです!

そのほかにも、ステージにはさまざまなギミックがあるので、そちらもお楽しみに!



アリアハン、幽霊船…というところから、DQ好きな人たちはわかるでしょうが、今回のお話は、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』がもとになっておるのです。


ですが、主人公である勇者が率いるパーティには、アリーナ、テリー、ヤンガス、パノンと、歴代DQシリーズに出てきたキャラクターがずらり。

DQ好きにはたまらない、豪華パーティでござる!!


bl160721_06.JPG


おてんば姫アリーナ、演じるのは中川翔子さん!

しりょうのきしとミイラおとことシルバーデビルを相手にしてますよ!!

武闘家であるアリーナだけに、そのアクションにも注目です。


bl160721_07.JPG


こちらは、マドハンドに囲まれるパノン!

パノンは『DQIV』に出てくる、ちょっとだけ仲間になる旅芸人…今回のパーティの中ではやや知名度が低いキャラクターなのですが!!

いやあ、とにかくしゃべるしゃべる、このショーになくてはならない役でした!

マドハンドに囲まれる、このピンチからどう脱するのかも注目ですよ。


bl160721_08.JPG


さらには、ストーリーテラーの役割でトルネコも登場~!

芋洗坂係長さん演じるトルネコ…まさにトルネコそのまんまです!


ほかにも、マーニャとミネア、ビアンカとフローラといった、人気キャラも登場!

とにかく、DQキャラクターが続々登場するところは、もうたまりません!


こりゃあ、DQファンは観なきゃ間違いなく損!

自分も公開リハーサルは観たのですが、個人的にしっかりチケット取りました!

DQファンじゃない人も、こんな規模のショーなんかなかなかないですから、迷っているなら、チケットをゲットすることをオススメしますよ。



というわけで、公開リハーサルを終えたキャストのお三方、勇者を演じる松浦司さん、パノン役の田中精さん、ヤンガス役の田尻茂一さんにお話を伺うことができました!!


bl160721_09.jpg

勇者 松浦司 まつうら つかさ

 

 


bl160721_10.jpg

パノン 田中精 たなか すぐる



bl160721_11.jpg

ヤンガス 田尻茂一 たじり しげかず



――実際に演じるステージを使ってのリハーサルはいかがでしたか?


松浦 それまでリハーサルをしていた体育館でも、実際のステージの大きさを想像しながら演じていたのですが、実際のステージは自分の想像を遥かに超えた大きさでした。この広い空間を埋める、舞台装置や照明、映像が本当に言葉に表せないくらい凄いと感じました。


田中 まっちゃん(松浦さんの愛称)が言ったとおり、自分たちの想像力って、本当に小さかったなと感じました。それに加え、広いうえにアップダウンもあって…動くだけでもものすごく過酷ですよね。


松浦 ブリッジの上り下りがたいへんですよね。


田中 でもその大きさ、高さというスケールが、観る人には自分たち以上の衝撃を持ってもらえるのではないかと期待しています。


田尻 初めて見たとき「うわーーーッ!」って、感動しちゃったもん。


田中 僕たちはもう大人なので、「大騒ぎするのやめよう、仕事だし」と思っていたんですけど、見たら「うわーーッ!」って感じでした(笑)。


田尻 声出ちゃったよね(笑)。


――それではそれぞれ勇者、パノン、ヤンガスの見どころ、すごいところを、ほかの2人に言ってもらいましょう!


松浦 まずじゃあ、パノンから行きましょうか! このショーが成功するかは、パノン役の田中さんに懸っています。


田中 ちょ、ちょっと!


田尻 もう稽古場でも、パノンのセリフにはみんな爆笑でしたからね!


松浦 とにかくパノンがおもしろい!


田尻 ネタとかをたくさん作ってきて、たまに笑いじゃなくて、感心して拍手も巻き起こっていますからね。


田中 ほめ殺しはやめてくださいよ! プレッシャーですよ…!?


――ではヤンガスはどうですか?


松浦 ヤンガスはまず、衣裳もオノもすごく重いんです。それなのに、田尻さんが演じるヤンガスは、動きが一番キレキレで、360度どこから見ても、どの瞬間を切り取ってもカッコよく決まっています!! もう、見惚れちゃいます。


田尻 (照)。


松浦 叫んで倒れるシーンとか、もううますぎて演技を忘れて「うまっ!」って言っちゃいましたもの(笑)。


田尻 (笑)。


田中 田尻さんは持っている武器の見た目以上の重量感を出せるんですよね。重量感があるからこそ迫力がある。それってとても難しいことだと思います。ちゃんと重いオノを振っているという、その演技がすばらしい。田尻さんは、パーティの中でも一番の先輩なんです。その大先輩が一番ガンバっている、だから僕らも手が抜けないんです。


田尻 まあ、僕の衣裳が一番暑いんで、僕が「暑い」と言わないから、誰も「暑い」と言えないだろうなとは思っていました(笑)。


田中 あとは、ヤンガスがいれば大丈夫、みたいな安心感。それは田尻さんにしか出すことができない空気感だと思います。


――では、お2人から見た勇者は!?


田中 まっちゃんが勇者に決まった時、プロデューサーの依田さんは観客が感情移入できる、自分だと思える存在だとおっしゃっていました。そのまっちゃんを演者から見ると、僕たちの想いだったり、お芝居だったりをしっかり受け止めて返してくれる存在ですね。ものすごく純粋で、素直なので、こちらが一生懸命演技するとその想いを感じてくれて、一生懸命返してくれるんです。最後の通し稽古でも、最後だということで僕らが想いを乗せて演技したものを、最高の演技で返してくれました。パーティの中では一番年下なので、みんなから可愛がられていますが、まっちゃんについていこうと思わせる部分のある、まさにDQの勇者なんです!


田尻 なんか、ずっと稽古をしてきたというのもあるけれども、勇者はまっちゃんしか考えられないです。プレーンで、ニュートラルな感じがあって、人間性が出ていて。それに稽古場でもどんどんレベルアップしているよね。


田中 そう! DQの勇者って、自分たちの想いを乗せた分だけ経験値を得て、レベルが上がって、強くなっていきますよね。そのシステムも、まっちゃんとかぶるというか…。


田尻 最初はレベル1だったのが、もうかなり上がりましたよ! ショーの中でも最初はレベル1だったのが、どんどん強くなって、最後には…というのを自然に表現できているんですよね。そういう部分もあわせて、天才肌だと思いますね。この人しかいなかったんだなって思います。


松浦 …なんか、照れますね…(笑)。


田中 まっちゃんも、風間(俊介)くんも、しょこたん(中川翔子)も、僕ら2人も、なんだかこのパーティに、役に引き寄せられた感じがありますよね。この5人じゃなきゃいけなかった、みたいな。ぜひとも、このショーはみなさんに観に来てほしいですね。ゲームとしてのDQを好きな人は多いと思うので、ショーになるとどうなんだろう…と思っている方もいると思うんですよ。でもそこは構えずに、新しいゲームに参加するくらいの気持ちで観に来て欲しいです。このショーの世界に入っていただければ、絶対にゲームとおなじように入り込んでもらえる自信はありますし、そのために作ってきたのでDQを知らなくても、ぜひともニュートラルな気持ちで観に来てください!


田尻 もし観に行こうか迷っているかたがいらっしゃったら、絶対おもしろいので、時間を作っていただいて観に来ていただきたいです。ものすごくおもしろいものが出来上がっていますので、ぜひ来てください! 後悔はさせません!!


松浦 いま本当に新しいものができてきていて…最終的にお客さんに来ていただいて、初めてこのショーは完成すると思っています。DQをプレイしたことがあるかたにも、DQをプレイしたことがないかたにも、この新しいショーを観ていただきたいですね。いろんなかたに見てほしいんですけど、特に親子で観に来てほしいです。親と子の絆の物語なので、お子さんが大きくなって、くじけそうなとき、迷ったとき、このショーを思い出せば、強くなれると思うんです。僕はこのショーは、それくらい大きな力を持っていると思います。お父さんお母さんにはこのショーで、子供たちに夢を観させてほしいですね。


――お忙しいなか、ありがとうございます!!



本当に、公開リハーサルで忙しいなか、熱すぎる3人がめちゃくちゃ話してくれました!

さてさて、最後はいっしょに公開リハーサルを観た、かねこ統先生によるイラストレポートでお別れです!!

『DQ ライブスペクタクルツアー』、いよいよ明日、開幕です!!


bl160721_12.jpg

 

(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUN SOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

※ショーの写真はすべて制作途中のものです。

 

次回は7月25日(月)更新予定